美しい外観をいつまでも。
ナノテクガードによる防汚マイクロガード

  • 外壁の汚れを雨できれいにします
  • わが家の外観をいつまでも美しく保ちたいという願いから、雨水で汚れを落とすナノ親水マイクロガードは誕生しました。ナノ親水マイクロガードは、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れの元となる物質を水分子膜の上に付着させます。雨が降れば、汚れは雨とともに洗い流され、外壁はいつもスッキリ。ナノ親水マイクロガードは、雨の力で住まいの美しさを持続させます。

ナノ親水マイクロガードの特徴

  • 雨で汚れを洗い落とすセルフクリーニング機能
  • 外壁表面に付着した汚れが雨水で繰り返し落とせるセルフクリーニング機能。優れた親水性能で、汚れが洗い流されやすくなります。
  • 日陰だって、夜だって、施工直後から効果を発揮
  • ナノ親水マイクロガードは、光に関係なく親水性を発揮するので、日当たり面だけでなく、日陰面や夜間、そして季節に関係なく効果が持続します。また、ニチハの工場から出荷された時から防汚機能を発揮するので安心です。摩擦などの外的要因がなければ、塗膜の耐候性同様の期間、効果が期待できます。
  • マイクロガード仕様商品に防藻・防カビ剤を配合
  • 当社の従来品に比べて塗膜表面での藻・カビの生育を抑制します。 (※但し、防藻・防カビ剤の効果は社内試験結果に基づく比較であり、効果を保証するものではありません。また、永久的なものでもありません。)
  • 美しさが長持ち
  • ハイパーコート仕上げによる高耐候性とマイクロガードによるセルフクリーニング機能が組み合わされば、長期間の防汚性を持続させ、家の美しさを長く保つことができます。
  • ご注意: ナノ親水マイクロガードの防汚効果は、排気ガスやばい煙、ほこり、土汚れに対して効果を発揮しまが、いずれも多量に供給される環境下では効果が発揮されない場合があります。また、錆や高濃度・高粘度な汚れに対しては、効果は低くなります。外壁面のこまめな点検・清掃をお願いします。

低汚染補修液について

  • 低汚染補修液とは
  • マイクロガード仕様商品における補修液についても、防汚機能を付与するため、「低汚染補修液」を導入しました。これは従来の補修液に低汚染性を付与するための添加剤を配合したものです。(補修液は2液を混合して使用します。) 造膜過程で塗膜表面に親水化成分が移行し、雨や湿気に反応することで汚れを洗い落とす機能が発現します。この低汚染機能は発現するまでに時間がかかります。天候にもよりますが、補修液の塗布後、低汚染機能発現までに1~3週間程必要です。
  • 現行補修液(低汚染機能なし)との違い
  • 現行補修液の水接触角は80~90°であるのに対し、低汚染補修液の水接触角は60°以下と従来より親水性を高くすることで、塗膜表面に付着した汚染物質を降雨等で落ちやすくしています。
  • 低汚染補修液の特徴と注意事項
  • ① 機能発現までに1~3週間程度時間がかかります。
  • ② 低汚染性添加剤は必ず同梱のものをご使用ください。
  • ③ ※同梱のものを使用されなかった場合は性能が得られません。
  • ④ 使用可能時間に差があります。
  • ⑤ 釘頭の補修は最小限に留め、不必要な箇所は極力塗らないでください。
  • ⑥ マイクロガード機能とは異なります。

外壁汚れについて

  • 外壁の汚れには種類があります
  • 現代の都市環境の中では、外壁の汚れの種類も様々です。調査では、約70パーセントが複合的な都市型汚れであることがわかりました。
    ※虹彩汚れ…モルタル、コンクリートから溶出した可溶性成分などが、サイディング表面に薄膜を形成する汚れ。
    ※白華汚れ…セメントの硬化反応の際に生じる水酸化カルシウムが炭酸カルシウムとなってサイディング表面に付着する汚れ。
  • 都市型汚れとは?
  • 空気中の排気ガスや建物のパラペット周辺や笠木部分から流れ出る汚れ、換気扇などの排気口から出る油性の物質がバインダーとなった汚れ、看板などの突起物周辺の汚れ、サッシまわりなど開口部周辺の雨筋汚れなどを、都市型汚れと位置づけています。こうした汚れには、水となじみにくい疎水性成分(油など)が介在していることが多く、雨などでは簡単に洗い流されないという性質を持っています。
  • 汚れの始まりメカニズム
  • 都市型汚れの多くは、雨水が関係しています。空気中のホコリや排気ガスなどの汚れ成分や、壁面にたまった汚れを雨水が巻き込んで壁を伝って流れ出す。これが汚れの始まりです。

汚れを落とす親水性

  • ナノ親水マイクロガードの主成分は?
  • 空気中の水分子を吸着する自己親水性能の高い特殊シリカ(SiO2)の超微粒子です。厚さは約100~300ナノメートル(1ナノメートルは1mの10億分の1)で、シリカ粒子の大きさは1個10~30ナノメートルという微小さです。
  • 電子顕微鏡で約5万倍に拡大したマイクロガードの表面です。 親水性シリカ粒子が均一に表面にあることがわかります。
  • シリカとは・・・
  • シリカは地殻を構成している主要物質。物理的・化学的にも安定していて、水などの極性分子の吸着力が多く、比較的安価という特長があります。陶磁器の主原料(実は粘土もシリカが主成分)やガラスなど、古くから私たちの身近なところで使われてきた物質で、人体に対しても無害です。よく、乾燥材として使われているシリカゲルも、シリカの持つ水を吸着する力を利用したものです。
  • 汚れを落とす親水性とは?
  • ナノ親水マイクロガード層の表面には、シリカ粒子が均一に広がっています。このシリカ粒子の最表面に水酸基(OH)が非常に多くついていて、これが空気中の水分子(H2O)を吸着し表面に薄い水分子の膜を形成します。静電気が起きにくく、空気中のホコリなどを寄せ付けにくくします。また、汚れが付いても落ちやすくなる、高い親水性能を発揮します。つまり、いつも水分子膜に守られている外壁。それがナノ親水マイクロガードなのです。
  • 親水性とは・・・
  • 材料の表面に水が広がる性質のことです。親水性能が高いほど、静電気が起きにくく、空気中のホコリを寄せ付けにくくなります。また汚れが付いても落ちやすくなります。
  • セルフクリーニング機能とは?
  • 外壁表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのがナノ親水マイクロガードの特長。このため、汚れ物質と外壁表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防ぎます。さらに、雨水が当たると膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流してしまいます。これが「セルフクリーニング機能」です。

商品ラインナップ

     
  • モエンエクセラード 16mm厚 Vシリーズ
  • モエンサイディングの兄貴分、高品質な窯業系サイディングの代名詞がモエンエクセラード。優れた品質性能や数多くの商品バリエーションを有し、リアルで再現性の高い柄表現が自慢です。 もちろん全商品、セルフクリーニング機能付きの「マイクロガード仕様」です。モエンサイディングの内装使用について モエンの内装使用については建築物の用途・対象製品について条件がございますので、弊社営業所までお問い合わせください。
ページ先頭へ