施工の流れ
Day Bright Styleの家造り

施工の流れ

家づくりのスケジュールをDayBrightStyleの実際の建築工程を例にとり、地盤調査から仕上げまでの全工程を写真入りでご紹介します。
  • 地盤調査・改良工事
  • DayBrightStyleでは、一邸一邸建築前に建物配置に合わせた地盤調査を行います。建物がどんなに丈夫でも、地盤が弱ければ建物を支えることはできません。
  • 詳しくはこちら
  • 基礎工事
  • DayBrightStyleでは、従来型の基礎で採用されていた10mmの鉄筋を、主筋13mmにレベルアップ。太い鉄筋を使用することで、縦・横両方からの力に強さを発揮します。
  • 詳しくはこちら
  • 大工工事
  • 大工工事は建築工事の心臓部です。専属大工が培った技術と心で一邸一邸、真心を込めて造り上げていきます。
  • 詳しくはこちら
  • 外部工事
  • 外部工事は住まいの耐火・台風・雨漏り対策として要の工事です。DayBrightStyleでは、末永く快適に住んで頂ける様、箇所箇所に工夫があります。
  • 詳しくはこちら
  • 設備工事
  • Day Bright Styleでは、入居後のメンテナンスなどをあらかじめ考慮し、万一のトラブルの際にも対処しやすい施工が施されております。
  • 詳しくはこちら
  • 内部工事
  • DayBrightStyleでは、建物の最終工事である内部工事は現場監督の厳しい検査が行われます。
  • 詳しくはこちら

「Day Bright Style」のこだわり使用木材について

  • DayBrightStyleの主要構造部エンジニアリングウッドを使用しています。
  • 最近よく耳にする「エンジニアリングウッド(集成材)」という言葉。南商店さんでは、出荷する90%の木材がエンジニアリングウッドなんだそうです。どんなに優れていると聞いても、気になるのは、無垢材との違いや安全性のこと。エンジニアリングウッドについて詳しく解説していきます。
  • 詳しくはこちら
ページ先頭へ