設備工事
施工の流れ

Day Bright Styleでは、入居後のメンテナンスなどをあらかじめ考慮し、万一のトラブルの際にも対処しやすい施工が施されております。

ヘッダー工法を採用

ヘッダーから水栓までの配管途中に接続部を設けないため、分岐工法に比べ、漏水の危険性が大幅に減少します。尚、個別配管となるため、複数水栓を同時に使用しても圧力変化が少なく、安定した流量が確保できます。しかも、配管径を細くできるため湯待ち時間が短くなります。 維持管理やリフォームにも容易に対応できます。

  • 従来の分岐方法
  • ヘッダー工法
ページ先頭へ